いらない物で商売も?ネットオークション

いらない物で商売も?ネットオークション

家で不要になったものでも、インターネットオークションに出品すればお金になるとよく言われます。しかし、不用品というのはゴミであり、本来であれば、お金を払って廃棄業者に処分してもらうようなものです。それがネットオークションで本当に売れるということがあるのでしょうか。

まず、ネットオークションのシステムはどうなっているのかというと、オークションサイトの登録者が出品と落札が出来るようになっています。出品者になる場合、クレジットカードや住所を登録するなどして身元を確認されますが、それ以外に特別な資格などはいりません。なので、たとえば、オークションに出品したいと思ったその日に出品することも可能です。

出品するものは、所持が法律違反になるようなもの、あるいは、オークションサイトに禁止されているものでなければなんでも構いません。昔の製品だけどまだ動くような家電や本、家具などだけではなく、空き缶などの明らかな不用品も出品することが可能です。

なぜ、ゴミと変わらないような不用品でもネットオークションでは落札される可能性があるのかというと、コレクターがいるからです。たとえば、空き缶や空き瓶は、それらのコレクターが落札しているのです。また、昔のアイドルの写真が載っている古い雑誌であれば、そのアイドルのファンが落札します。昔からずっとファンという人もいれば、最近ファンになって、新品で購入出来る物はまったくないので、ネットオークションで昔の物を買い集めるわけです。

また、中には売れるものを調べて、そういったものを格安で仕入れてオークションで売って商売をしている人もいます。たとえば、古本を仕入れて、仕入れ値よりも高い値段で売る人がいます。そういった行為をせどりと言います。

せどりが可能なのは、本は絶版になるものが多いからです。絶版になってしまうと、本屋で新品を買うことは出来なくなるので、古本屋で探すしかありません。しかし、古本屋には基本的に客が処分した本しか置かれていないので、どんな本でも必ず並ぶというわけではないので、探しに行っても必ずあるというわけではありません。

なので、希少価値が上がり、定価よりも高くなる古本というのも出てくるのです。せどりをする人たちは、そういった本のリストを作っていて、チェーン店の古本屋などで安く売られているのを見つけるとそれを買って、オークションに出品するのです。100円で購入した本が何倍もの値段で落札されることも珍しくありません。

更新情報・お知らせ

おすすめサイト

オーディオ買取のハイサウンド
買い取りの事は任せて安心

業務向けイラスト制作の大量発注も格安・短納期!
チーム体制だからこそできるハイスピード

https://www.kittetocoin.com/
記念切手の買取もできるのは専門店だからこそ

身分証明書を提示するから安心の既婚者の合コン、交流パーティー
初めての方初めての方は身分証が必要!